会社情報歴史・沿革

沿革一覧

弊社の歴史・沿革について、1950年から現在に至るまで年表形式でご紹介いたします。

  1. 1950年代
    1950年

    日立製作所下請工場として
    操業を開始

    1956年

    株式会社高橋電器製作所設立
    主力製品:短絡開閉器

    1950年代の様子
  2. 1960年代
    1962年

    会社創立以来初の海外輸出
    (インド向けスイッチ)

    1965年

    第二工場として日高工場新設
    吹付塗装作業を操業開始

    1967年

    アルミ材による短絡開閉器
    開発~製品化

    1960年代の様子
  3. 1970年代
    1974年

    世界初の油入式短絡開閉器
    開発~納入

    1978年

    自動鮮魚定量器
    開発~納入

    1970年代の様子
  4. 1980年代
    1987年

    核融合超電導コイル向けスイッチ
    原子力関係研究所へ納入

    1989年

    鮮魚用自動空パン供給器
    開発~納入

    1980年代の様子
  5. 1990年代
    1991年

    冷凍鮮魚用自動製品積機
    開発~納入

    1997年

    DC210kA水冷式J.S.W.
    海外輸出

    1990年代の様子
  6. 2000年代~
    2007年

    日高工場(塗装部門)
    ISO9001:2008認証取得

    2014年

    5代目社長として鈴木茂美が就任

    2016年

    会社創立60周年

    2000年代の様子